近隣トラブルで訴えた!階下の住民は狂気の沙汰

マンション階下の住民による嫌がらせで引越し→裁判をした記録

損害賠償金の回収その後

損害賠償金の回収を依頼してから約2ヶ月経過した

 

司法書士事務所から連絡がないところを見ると、今のところ特に動きはないのだろう。

 

予定からすると、支払い請求の再通知を送っているあたりかな。

ばーさん達はきっと、通知を無視しているに違いない。

(裁判所からの通知も無視するくらいだからな)

 

それで、再通知、再々通知を送ってる感じではないだろうか。

 

次のアクションはおそらく、「電話連絡」だ。

きっとまた、ギャーギャーわめくんだろうなあ・・・

 

そのうち司法書士事務所から何かしら連絡があるかもしれない。

それまで忘れていよう・・・(ブログ書くとき以外は)

おまかせしたおかげで、あまり考えないで済み、本当に気持ちが楽になった。

 

 

余談だが・・・

先日、夜中に「ゴンっ」と音がした。

隣の部屋か上の部屋の住人が何やら落としたかであろう。

たいしたことはない、日常的によくあるような音だ。

       f:id:Jessie17:20190514231210p:plain



が、一瞬「ビクっ」として、その後少しドキドキした。

また動悸だ・・・まあ、すぐにおさまったけど。

ばーさんにやられた嫌がらせの記憶が一気によみがえってきたよ。

 

こういうことはたまーにあるのだが、
ちょっと久しぶりだったのでびっくりした。

 

これって、

PTSDだよPTSD!こわーっ!

 

たかが、近隣トラブル。されど近隣トラブル。甘く見ちゃいかんのだ!

私はこの程度だけど、実際に病んでしまった人いるんだから。

 

もし、今近隣トラブルで困っている人がいたら言いたい。

とにかく長引かせないように、そして、相談できる第三者を探して!

 

 

高齢ドライバーの運転

近隣トラブルとは関係ないようだが、高齢者つながりで全く関係ないとは思えず、

ニュースを見てあまりにも辛かったので投稿にせずにいられない。

 

平成29年3月に施工された道路交通法の改正では、75歳以上の運転者の認知機能検査が強化されていたらしいので、その検査について調べてみた。

 

 

     



認知機能検査とは?

75歳以上の運転者は、免許証更新時(3年に1回)に認知機能検査を受け、
認知症のおそれあり」と判定されると医師の診断が必要になる。

認知症が判明したら免許取り消し。

 

【検査の内容】
検査時の年月日・曜日・時間を回答するなど、30分の簡易検査

 

認知機能検査

認知機能検査

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201702/2.html
政府広報オンラインより 

 

【検査結果】

   →認知症かどうかの診断の結果、認知症であることが判明したときは、

    免許の取消し等の対象となる。

   →計3時間の高齢者講習・実車指導(手数料7,550円)

  • 第2分類:認知機能低下のおそれあり

   →計3時間の高齢者講習・実車指導(手数料7,550円

  • 第3分類:認知機能低下のおそれなし

   →高齢者講習(計2時間・手数料4,650円)

 



検査内容って本当にこれだけ?

これで何がわかるの?

 

検査だと気が張ってるし、しっかり答えなきゃと意識してはきはき答えるっしょ!

 

認知症しかり、精神病しかり、その時々で精神状態に波があるのだ。

ほんのわずかな時間を切り取って判断するのはどうなんだろう。

 

私の近隣トラブルの話になるが、
嫌がらせをしたばーさんは、普通に挨拶したり話もできるんで、一見普通に見える。
それが、一変して大声で怒鳴りながら天井をたたきまくる。
1時間怒鳴り続けるって正気じゃできないよ。

きちんと検査したら絶対異常が見られるはずなのに、家族が知らんふりなんでどうしようもない。

あのばーさんが運転してたら絶対やばいから。

 

 ボケてることに本人も家族も気付かないことって結構あるらしい。

そんな人が免許更新で検査して、その時は調子よくてクリアしてしまったらどうなる? 

 

      



運転免許の自主返納は年々増加傾向だとニュースで言っていた。

だから何よ?高齢者は増える一方なんだから、自主返納増えるのは当たり前のこと。

増えてるから安心ではない!

 

実際、返納しているのは、そういう意識が高い人達=事故を起こさない人達である。

高齢者の事故を他人事と思っている高齢者は、自主返納なんて考えもしないだろう。

 

自主性を求めるなんて悠長なこと言ってる場合じゃない。

自主性ではなく、「規制」しないと犠牲者が増えるばかり。

 

自動車の完全自動運転なんて、あと10年?20年?
自動運転普及したところで、すべての人が利用できるようになるまでどれだけかかることか。

 

だから、法改正を急いで欲しい!

 

そもそも、75歳以上の運転者で更新が3年に一回は長いよ。

ある年齢になったら、免許停止にして、試験で合格したら再発行にしたらいいのにと思う。

もちろん簡易検査じゃなくて、路上での試験を数日に渡ってやるとかね。

 

あと、交通の便が良い地域から順に免許停止にするとか、農業などで運転必要な人は、運転可能な地域を限定するとか。

 

道交法で検査を強化しましたなんて、生ぬるいこといわずに

頼むから法改正で規制してくれ!!

 

 

 

 

こちらも法改正でどうにかして欲しい。ブラック引越し業者野放しだよ。

honninsoshou.hatenablog.jp

高齢者とのトラブル

老年期精神病というのをご存知だろうか。

正式な診断名(病名)ではなく、認知症ではない高齢者に幻覚・妄想などの精神病症状が見られることの総称を言う。

 

幻覚は幻聴が最も多く、音楽や壁や床を叩く音などの非言語性の幻聴、あるいは自分のことを批評したり話しかけてきたりする幻聴などがみられます。また、体に電気やレーザ一光線をかけられるといった体感幻覚もしばしば認められます。

一方、若年発症の統合失調症でみられるような思考障害や感情の平板化、自閉などの陰性症状を伴うことはまれです。また、人格の崩れは目立たず疎通性も良好であり、警察に訴えたり近隣とトラブルになったりするなど、幻覚・妄想に左右された行動がみられる以外は、社会適応も比較的良好であることが特徴です。発症に男女差があり、女性に多いことも指摘されています。

引用元:https://sugiura-kokoro.com/treat/syoujyou32-2.html

 

知人がマンションの管理組合の理事をしているが、よく年配の方から聞こえるはずのない音が聞こえるという苦情があって大変らしい。

「年寄りは幻聴が多いんだよね」と当たり前のように言っていたので驚いた。

これって、世間では周知の事実なのだろうか?

 

うちに嫌がらせをしていたばーさん、認知症じゃなくてもこのような老人ならではの「症」の可能性は高いと思った。

家族に話して治療してもらうなりしないとエスカレートするぞこれは!

と思って、じーさんに言うが話にならない。

娘とやっと連絡がとれてもシカト・・・(恐らく親子断絶しているなあれは)

 

家主は対処してくれない。

地域の包括センターも家族と話ができないと無理。

警察はこういうトラブルに対しては注意しかできない。

刑事事件にならないと手が出せないのだよ。

 

何か壊されるとか、暴力振るわれるとか、刑事事件になるようなことが起きれば話は早いのだろう。

ばーさんが私に襲いかかったり、うちのガラスでも割ってくれたら通報して現行犯逮捕になるのにと何度思ったことか・・・怖いけどね

  

私が通報してかけつけてくれた警察官からこんな話を聞いた。

 

ある集合住宅で、おばーさんが、隣の部屋から音が聞こえてうるさいと苦情を言い、

毎朝4時に110番通報するそうだ。

 

だが、隣の住人は寝ていて何もしていない。明らかに幻聴である。

いくら説明しても、音が聞こえてうるさいと言い張って同じ話を繰り返す。

毎朝、隣の部屋をノックしたり苦情を言ったりするのだ。

 

おばーさんの幻聴とわかっていても、110番通報があると、警察官は出動しなくてはならない。毎朝毎朝4時にその集合住宅へ出動していたそう。

 

それが半年だか一年だか続いたそうで、隣の住人は半分ノイローゼ状態になり引っ越して行ったそうだ。

非常にお気の毒である・・・・

 

お年寄りの1人暮らし、または夫婦だけの場合は本当に厄介。

夫婦だけの場合、片方が認知症や上記のような精神的症状になっても気付かないことが多いそう。

夫がなると妻はすぐ気付くが、逆の場合は気付きにくいようだ。

なんかそれわかる気がする・・・

 

結局、うちに嫌がらせをしていたばーさんは、痴呆症だったのか、老年期精神病だったのかどうかわからない。

 

もしかしたら何も聞こえてないのにでっちあげて嫌がらせをしていたのかもしれない。

 

例えば・・・

自分ちの上の部屋が貸し出されて、住人が度々変わるのが気に入らないとか。

家主との確執があり、賃借人に嫌がらせをしているとか。

一人娘もその家族も訪ねてこないので、寂しさで他人に対して攻撃的になってしまったとか。

 

裁判までしたら、さすがに娘が出てきて、ばーさんを受診させてくれないかと思ったけど無理だったのが残念。

うちは引っ越せばもう関わりはなくなるけれど、本当に病気だったら本人もお気の毒だし、新たな被害者も出したくない。

 

高齢化社会。これからもっとこんな問題が増えるにちがいない。

 

被害を受けているという実態があるのに、第三者が関与できないのはどうにかしないと、危険な老人を野放しはまずいでしょう。 

 

とりあえず、私と家族が住んでいたあの部屋で、新たな被害者が出たり、何か事件になるようなことが起きないよう祈る。

 

 

 

よろしければ、こちらもご覧ください!同時進行していたもう1つのトラブルです。

honninsoshou.hatenablog.jp